mutio 徒然

片足靴下猫のむちおとの生活。猫と映画と洋服が好き。 

みちのく、燦々と。

1年越しのみちのく紀行。
やっと最終回に手を付けます。

高台に進むと、道沿いに廃車がずらっと置かれていました。

IMG_0977_convert_20140526111446.jpg

バイクや車は、原型をとどめない姿になっています。
普段街中で見る乗り物も、ただの鉄の塊。こんな風になってしまうのですね。

IMG_0979_convert_20140526111350.jpg

陸に上るとは彼らも思わなかったでしょう。

IMG_0988_convert_20140526111642.jpg

下の写真は、地元の写真家さんが撮られた物のようですが
ほぼ同じ構図で撮影した私の写真との比較のため、拝借致しました。

震災前の南三陸町

旧志津川町

こちらも拝借。
海と山に囲まれ、緑豊かな土地。
人々がのんびり穏やかに暮らしているのが伝わってきます。

旧志津川町2

昨年の3月撮影の南三陸町。
震災から2年経ってまだこの状態。

IMG_1012_convert_20140526111240.jpg

海の近くに建物が1つだけ残っています。

IMG_1010_convert_20140526111146.jpg

ここから以前の町の姿を想像できる人がどれだけいるでしょう。
自然だけはそのままです。
あれから1年経った今は、工事が進んでいるのでしょうか。

IMG_1002_convert_20140526111541.jpg

むちおさん、ホワイティ号でちょっとお留守番お願いね。

IMG_1013_convert_20140526111750.jpg

仮設の商店街、「南三陸さんさん商店街」でお昼ご飯。
こちらは昨年度、経済産業省の選定する「がんばる商店街30選」に選ばれたそうです。

IMG_1015_convert_20140526111854.jpg

海の幸がたっぷりの「キラキラ丼」を頂きました。焼きそばは、、箸休め?

IMG_1016_convert_20140526111940.jpg

こちらの食堂の店主であるご婦人に、いろいろな話を聞くことが出来ました。
50年営んでいた食堂兼住居は、津波で流され「箸一本」残らなかったそうです。
避難していた東京で、することがないので建設中のスカイツリーの周りを
一日中ぐるぐる回っていたという話が、とても印象に残っています。
やっぱり地元に戻りたい。生まれ育った土地が自分のいる場所だと。

仮設住宅に住んでいるけど、もう元の場所には家は建てられない。
でも高台の土地は行政から提供されるわけではないので、買わなければいけない。
購入しても規制があって、まだしばらく建てられそうにない。
高齢の自分が生きている間に、新しい家に住むことが出来るのか。
抱える不安をひとしきり口にされた後、「でもまた店を開くまで頑張るの。」
笑顔でそうおっしゃられました。チリ地震も乗り越えたんだと。
東北の人の持つ、芯の強さ、逞しさがあれば
いつか町はよみがえってくれるだろうと願ってます。
それに年配者の持つパワーは、底知れない。。
むち婆もそうでしたが、戦争経験者ってほんとに身体も心も強い。

被災地の住宅事情について少し気になったので
素人なりに色々調べてみたのですが

住宅再建がなかなか進まないのは
復興事業用地の確保が進んでいないことも原因の1つのようです。
自治体が買い取ろうにも、先祖代々の土地のため、所有名義が何代も前のままになっており
権利者調査をすると相続人が数百名に及ぶ場合もあるそう。。
不動産を取得するには、権利者全員の同意がいるので
1つの土地のために、日本全国、もしくは世界に散らばった相続人の所在を調べるなんて
なんたる労力と時間の浪費、、。ここは特例を作るべきだと思うのですがね。
遊んでる土地を、わざわざ相続のたびに名義変更するほうが稀でしょう。

それと個々の資力の問題もありますね。
震災で建物が倒壊したけど、住宅ローンの支払いは残ったまま
生活再建のために、新たに借金を背負わざる得ない、、いわゆる「二重ローン問題」。
無くなった家のローンの支払いがあり、仮設住宅を出たくても出れない。
家を建て直したくても出来ない。
こういう方向けの救済措置として、被災ローン減免制度(正式名称は個人債務者の私的整理に関するガイドライン)が
2011年8月から運用開始されているようです。

簡単にいうと、
被災者の住宅・自動車等ローンの支払い減らしたり免除したりするよ!という制度です。

・制度利用に費用は発生しないよ
・もちろん保証人にも請求しないよ
・最高500万円まで手元にお金残せるよ(義捐金とか)
・私的整理だからブラックリストにも乗らないよ
・だから、またすぐ新しいローン組むことも出来るよ

と、見る限りなかなか出来た制度なのですが利用者があまり伸びていないよう。
当初利用者は1万件を超えると見込まれていたそうですが、
もうすぐ3年目の2014年5月14日現在、成立件数はいまだ950件だそうです。

あくまでも借入先の金融機関と個人との「私的な整理」なので、
申出をしても同意が得られず、成立まで時間がかかっているのかもしれません。
借金減らしてあげるけど、残りは原則5年で返してね!
というのも、ハードル高いでしょうね。
そもそも対象となる方が少ないのかも。

スタート時は金融機関が非協力的だったそうですが、それも改善されてきているようです。
被災者に制度がよく知られていないことも、利用が少ない理由と
考えられているようですが、実際現地ではどうなのでしょうか。
私もこのガイドラインの存在を知ったのは、ごく最近です。
ガイドライン運営委員会が公表している問合せ件数等を見ると
2年と10ヶ月の間の相談件数がたった5096件。
現時点で制度開始の申し出件数は421件(申し出準備中の94件含む)。
入り口である相談の件数自体も少ないように思えますが
相談時に対象水準外とされ、申出に至らない方も多いのでしょうね。
制度の周知不足だけじゃない問題もあるのでしょう。
せっかく出来たんだから、生かして欲しいものです。

もとは阪神大震災後の二重ローン問題を教訓にできた制度。
システムは活用されてこそ意味があるので、形骸化しないことを望むばかりです。

震災後もその土地で暮らしていきたい人。
そうせざる得ない人。
あの大きな災害を経験した人々の生活を
改善するための増税なら仕方ないと思っています。

IMG_6244_convert_20140526113854.jpg

何もなくなった町を見て、ここに暮らした人が負ったのは
物的な被害だけではないのがわかります。
見慣れた景色がある日、一変する。
見慣れていた物が何もなくなる。
「復興」と簡単に言えてしまうのは、現地を見ていないから。
ここからどうやって??どう声をかけたらいい?
頑張ってなんてどうして言える?

IMG_6103_convert_20140526113046.jpg

生活していくうえで、基盤となる住宅。
避難所生活を強いられている方々が、少しでも早く
「我が家」に落ち着けますように。

IMG_6863_convert_20140526114207.jpg

一個人として、私が出来るのは働いて消費してお金を回していくこと。
さ、明日もコツコツ仕事しよう。
1年前は無職だったことを思えば、少しは世に貢献しているのかしら。

~参考としたサイト~
日弁連HPより
「二重ローン問題」
仙台弁護士会より 公的整理との比較表
減免制度と他の負債制度手続との比較表
政府広報オンラインより
「暮らしのお役立ち情報」
NHK特集のアーカイブ。イラスト入りでわかりやすい
NHK「時論公論」
かなり詳しい制度の説明が書かれてます。弁護士さんのブログ
被災ローン減免制度を利用しましょう!
弁護士会作成の広報チラシ。一番簡単にわかります。
チラシ
こういう制度があるんだよと、まずは存在を広めるために書いてます。
私は被災地から遠い地に住んでいるので、実際のところどうなんでしょうか。
いろいろ検索してみたけど、この制度を取りあげているサイトの記事は
古いものが多く、もうすっかり現地で制度は知られていて、
今さらのことなのかもしれませんが。それならそれでいいのです。

とりあえず1年前のみちのく紀行はこれで最終回ですが
私とのつながりは始まったばかり。
自分なりの応援の仕方をこれからも模索していきます。

家はやっぱり賃貸派。
むちバナー3
  1. 2014/05/26(月) 21:05:39|
  2. みちのく紀行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

いつか、晴れた日に。

さてさて、みちのくに戻りますか。

fc2blog_20140322182416d47.jpg

志津川を訪れたのには、自分が住んでいた家と
知り合いの安否を確認するためでもありました。

我が家はずいぶんと前に志津川を離れ、引越を繰り返すうちに
この地の方とのお付き合いもなくなってしまったと聞いていました。
ですが当時住んでいた借家の大家さんの消息を
わかれば教えて欲しいと父クサオに頼まれていました。

予想はしてたけれど
地図上ではたぶんこの辺だろうなという場所がこの状態。

fc2blog_20140322182540c2e.jpg

どこに何があったのか。
番地まで聞いてきたけど、これではね。

IMG_0986_convert_20140322183632.jpg

周囲を見渡して唖然としていたところ、たまたま通りかかった地元の住人らしき方2名。
○○ってどのへんでしょうか?と聞くと
あ~ それならたぶんこの辺だよと教えて頂きました。
ここらは見た通り全部流されたよ、家も人もたくさん。
なんも残ってないよ。

IMG_0975_convert_20140322181805.jpg

天気の話でもするかのように、なにげなく言われたことに
内心とても驚いていました。もう日常になっているんだ。当たり前だよね。
ダメで元々と、借家の隣に住んでいた大家さんの名前を出して聞いてみました。

その人なら流されたよ。
奥さんは助かったんだけど、避難所で体調崩してそのまま亡くなったよ。
親戚が確か石巻にいるから、役場で聞いてみたらいいよ。

そう親切に教えていただきました。

津波はあの高台の下まで迫ったそうです。
あんなところまで来ると、誰が予想出来たでしょうか。

IMG_0989_convert_20140322181706.jpg

どっから来たの?へぇ遠くからご苦労さんです。
気をつけて帰ってね。

お婆さんにお礼を言って別れました。
クサオに現地の写真をメールで送り、電話で報告しました。
ああ、やっぱり。そうだと思ってたけどやっぱりね。
あんたもよく可愛がってもらって、いい方だったよ。
ほんとになにもなくなって、言葉がないね。

IMG_9233_convert_20140322183214.jpg

実際に行って見ると、もっと言葉が出てこない。
春のような日差しの日で、穏やな青空が広がっていて
遠くの方まで見渡せるんだけれど
それは何もなくなったせいなんだよね。
人が暮らしていた痕跡が全くなく、寂しい地になっていました。
一日でも早く住民が戻り、また街が活気を取り戻せますように。
むちバナー3

いつもコメントありがとうございます。
ピョンコさん、買ったのね。ふふふ。
髪、この前15センチは切ったの。でも誰も気づいてくれない、、

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/22(土) 22:11:47|
  2. みちのく紀行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

海の物とも山の物とも

むちフェルトを乗せたホワイティ号
海沿いを軽快に走ります。

写真は全て1年前のものです。
IMG_0998_convert_20140310192744.jpg

海の横にあるこのホテルも
上まで水がきたそうです。

IMG_0946_convert_20140310193328.jpg

建て物がぽつんぽつんとあります。
google mapを見ても、ほとんど表示がなくて。
街だったのに、山間部の地図のようになっていました。

IMG_0952_convert_20140310193156.jpg

ふいに現れたがれきの山。
教えられるまで、がれきだとはわかりませんでした。
こんなに大きな山になっているとは。

IMG_0956_convert_20140310193108.jpg

がれきとなってしまったけれど、
もともとはこの1つ1つに誰かの生活があったのです。

IMG_0964_convert_20140310193032.jpg

遠くの山まで見えてしまう。
何も始まっていないように見えました。

IMG_0962_convert_20140310193001.jpg

防災対策庁舎は、大きな建物でした。

IMG_0969_convert_20140310192918.jpg

保存か解体か。
まだ決定していないようですね。(2014.2現在)
私が実際ここに暮らしていたならば、
見ないよう避けて通るようにすると思います。

地元の意見を最優先に。
先に進むには、あえて目を閉じてもいいこともあると
私は思います。

庁舎階段

きりこの看板をたくさん見かけました。
力強い。東北の人は、みな逞しい。

IMG_0973_convert_20140310192650.jpg

気持ちが前に行くためにも、
外側からも進めて欲しいと切に願います。
よみがえる街を見て、気持ちを奮い立たせる人もいるでしょう。
「復興」「絆」使うのに少し抵抗がある言葉です。

IMG_4445_convert_20140310193802.jpg

まとまんないなーーーー
むちバナー3

かまど母さんは復習するように!→過去記事1過去記事2
そういう自分は2年前に同じタイトルで記事あげてました…。→

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/10(月) 22:46:50|
  2. みちのく紀行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

弥生三月

早いもので2014年になってもう2ヶ月。
啓蟄ですが、まだまだこたつ虫。
今日はこちらも雪がちらついていました。

2011年以降、日本中のほとんどの人がそうなように
私にとっても3月は震災をより強く思い出す月です。

去年の今頃、私は東北地方を訪ねておりました。
どう文字にしたらいいものかと記録を書きあぐねた挙句、放置してもう1年。
今は様子が変わっていることを願いつつ
やっと続きを始めます。

郡山のシェルターを出た私は、宮城県の南三陸町に向かいました。
そこは、かつて私が生まれ暮らした土地だったからです。
その頃は志津川町と言いました。
残念ながら私は幼すぎて、当時の記憶はありません。

生後数ヶ月の写真だと言われたのですが、こんな髪ふさふさで大きい乳幼児がいるかよと。
きっと勘違いね。


震災当時、繰り返される津波のシーンで志津川病院がよく映っていました。
ハハから、妊娠中は病室から毎日海を見たと聞かされていました。
あんなに穏やかで優しい海がと、とてもショックを受けたようでした。
昔の話になると出てくる「志津川の家」。
自分と関わりのあった土地の姿を、見ておこうと思ったのでした。

IMG_0929_convert_20140307003249.jpg

思い立った1年前、公共交通機関を使って南三陸町に行くには
かなり遠回りをしなければいけませんでした。
どの方法で行くのが一番いいのか、私は宮城にお住まいのホワイティさんに聞きました。
そして、不便だから車を出すよとのありがたい申し出に、甘えることにしました。
彼女とは震災後、安否確認のブログを通じてやりとりが始まりました。
1週間連絡がつかず、やっと確認がとれた時は
同じく安否ブログの管理人であったぶーちゃんと
電話口でわーわー泣いて喜んだのでした。
まさか2年後、その地で本人と会うことになるとは思ってもみませんでしたが。

ドライバーホワイティ
IMG_0947_convert_20140307003409.jpg

今、写真を見直しても
どこがどこかわかりません。
記憶が薄れているかと言うよりも
目印となるような物がほとんどなかったから。
津波は、街を一瞬にして同じ景色に変えてしまったのです。

IMG_0935_convert_20140307003908.jpg

電車が通ってたんですね、ここ。
山肌がえぐりとられていて
あの高さまで波が襲ったのがわかります。

IMG_0933_convert_20140307003641.jpg

ぽつぽつ書いていきます。

『3.11、検索は応援になる。』
3月11日、yahooで「3.11」と検索すると、1人につき10円
yahooが寄付してくれるそうです。
寄付金の上限額は500万、50万人相当となるそうですが
50万人って思ったより少ない。。
私の住む町は人口147万人、東大阪市でちょうど50万人ほどでした。
あっと言う間に上限に達してしまいそうですね。



とりあえず検索して下さい!
IMG_1507_convert_20140307004629.jpg

しますとも、もちろん。
むちバナー3 続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2014/03/07(金) 01:33:44|
  2. みちのく紀行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

DeepなLove

みちのく紀行番外編。
シェルターで私が泊っていたのは、8匹の猫が暮らす部屋。
この子達がえらい仲良しで。
ずっと同じ部屋で過ごしてると、連帯感が生まれるのかしら。

白黒の子がお母さんで、母と体格の変わらない子と、その友達が
乳を吸っております。

IMG_0868_convert_20130402154221.jpg

その様子を見て我も我もと集まりだし

IMG_0870_convert_20130402183909.jpg

ひと昔前のケータイ小説さながら、どろどろした世界が繰り広げられます。

IMG_0874_convert_20130402154355.jpg

母子が仲良く寝ている姿を覗きこむ友人兄弟。

IMG_0916_convert_20130402153545.jpg

その様子を見て、また我も我もと集まりだし

IMG_0918_convert_20130402153639.jpg

またも引き裂かれる親子。

IMG_0922_convert_20130402153855.jpg

いいですね、大家族。

IMG_9747_convert_20130424183546.jpg

むちはひとりっ子だったもんね。

IMG_9749_convert_20130424183500.jpg

2、3匹で飼うより、思いきって5、6匹飼った方がうまくいくのかもね。
一部屋にずっといるってのもあると思うけど。
むちおバナー2

イタチに予想外に食いつかれてびっくり。
ウチは両隣がくっついた屋根続きの連戸住宅なのですが
奥の奥さんが天井から水漏れがして、修理をされました。
その時、天井裏にイタチの糞が大量にあったそうで、、、
以前、夜中に玄関前を猫より細長く白っぽい動物が通ったと言うと
奥の奥さんは「それはテンね、多いのよ」と教えてくれました。
え?セレブが首に巻いてるテン?!そんなのいるの?わりと街中なんだけどなぁ。。
並びの家はどこも屋根がぼろぼろだそうで、お宅も時間の問題ですよと言われました。
いつの日か、天井ごとぼとっと落ちてきて
大量のイタチとその糞尿が降ってくると思うと、、。
映画「マグノリア」のラストシーンを思い出しました。動画発見。
結構グロいです。特にカエルが苦手な方はやめといた方がいいよ。→

ようさん、コメントどうもありがとうございます。
猫とは出会いです。むちおもある日突然やってきました。
きっと、ようさんの気持ちが決まったとき、いい出会いがあると思いますよ。
えいっと思いきって迎えてみたら、悩んでいたのを忘れるぐらい
猫がいる生活はとても楽しいものになります。
応援ありがとう。むちおの写真はたくさんあるのでまた見に来て下さいね。
続きを読む

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2013/04/24(水) 19:49:16|
  2. みちのく紀行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ

プロフィール

むちこ

Author:むちこ
むちおは永遠の14歳。メスっこ。
ちょっぴりぽっちゃり猫です。

2009.4.17開設
ただいまシンプルに更新中です。
時間が出来た時は長文書きますぞ。
リンクはご自由にどうぞ。

文章・画像・動画の無断転載しないでね。

むちおバナー

最新記事

最新コメント

mutio

mutio.gif

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

出来事 (503)
むちおのこと (270)
コネタ (169)
思ひ出ぼろぼろ (11)
映画 (109)
友人 (103)
むちお検索 (7)
動くむちお (108)
むちおと私の長くて短い一週間 (27)
未分類 (203)
ぶっこの合宿 (8)
むちTシャツ (2)
こんなん買った (55)
むち絵ギャラリー (2)
むち絵ギャラリー2011 (2)
MNNニュース (10)
むちおの名前 (2)
ベルギー旅行 (7)
韓国旅行 (10)
秋模様 (12)
桜通信2010 (7)
桜通信2011 (4)
桜通信2012 (11)
桜通信2014 (6)
ヨーロッパ放浪記 (25)
みちのく紀行 (9)
2014-2015 ヨーロッパ (28)
宮城2015 (6)
本 (3)
一枚記事 (17)
むち婆 (13)
海外旅行の準備 (4)
2016 台北 (3)

むちカウンター 

チーム☆ドМ猫印

Mmuchiweb.jpg

スペシャルキャット認定証

みんな何読んでるの?

人気記事ランキング(2010.12月からの集計)

今日は何度かな?

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

むちメール

名前:
メール:
件名:
本文: