mutio 徒然

片足靴下猫のむちおとの生活。猫と映画と洋服が好き。 

ハカり知れない

むち婆の1周忌を迎えました。
いわゆる仏花が嫌いで、最期もピンクの花で送ってくれと言い残した人だったので
ピンクの花を持って行きました。
急須に庭の紅葉を生けるハハのセンスにうなる。

IMG_7055[1]_convert_20141125105422

去年の今頃は寒くて、ずっとストーブをつけっぱなしだったけど
今年はこの時季とは思えないぐらい穏やかで暖かい日でした。

お経の最中、仏壇の中のロウソクが「お墓用」だったようで
外でも火が消えにくいようにするためか、ものすごい勢いで炎が高くあがり
※ライターの炎の調整を+に回しきった時をご想像下さい

私と父クサオはお互いをつつきあい、仏壇に引火しないか気になって仕方なく
お寺さんは燃え盛る炎を物ともせず、一心不乱にお経をあげているし
猫らはいつも通り好きなところを歩いて、寝ころんでいるし
鳩時計はまぬけに時間を告げて
まぁ、ある意味いつもと変わらぬ雰囲気で送ってあげられた気がします。

IMG_7069[1]_convert_20141125105329

お墓にお骨を納めに行く前、庭の水仙の咲く場所にも少し埋めたのですが
そのうち、このどちらかから洗礼を受けることでしょう。

IMG_7070[1]_convert_20141125105227

あんな黴臭いところに入るのどうなのよ、と骨壺に話かけてみたのですが
もちろん返事はなく(あっても困るのですが)
いつまでも家にいるとみんなが忘れられなくなるから、これでいいの。
きっとむち婆ならそう言うだろうな、とぼんやり作業を見守っていました。
お骨が見えなくなっても忘れませんよ、あなたのことは。

祖母の墓の隣には、
おなじみのクサオ流ロマンの墓があります。
この墓、見たまんま特殊な構造なので
骨を納めるのに、何人かでバールでこじ開けなきゃいけないらしいのですが
今回、閉めた後にも作業が必要だとクサオに聞かされました。

IMG_5156_convert_20141125111007.jpg

なんでも水が入ってこないように、開閉部はゴムパッキン(と、クサオが言った)で密閉してるらしく
開けたらまたゴムパッキンで固めてね☆だと。

ええええ~ めんどくさぁぁぁ。
もう中に入れんかていいやーーん。
と言っていたら、ハハに
私は隣に入れてくれていいし、と結構真顔で言われました。

IMG_7074[1]_convert_20141125112223

自己流ロマンに人を巻き込むのはやめて欲しいわ~。
ねぇ、むちおさんもそう思うでしょ?
え?

IMG_9753_convert_20141125111653.jpg

そうですねぇ。。

IMG_9747_convert_20141125111735.jpg

ZZZZZ

IMG_9749_convert_20141125111817.jpg

またえらい隙間に入って寝るね、、。

IMG_9750_convert_20141125112848.jpg

クサオがここ数年、死後の希望を熱っぽく語ります。(たぶん映画『エンディングノート』を見たせい)
ヘリをチャーターして山に半分散骨する計画もまだ生きているらしく
なんでそんなに手間かけさせるんだ、自分はわからないのにと言うと
少し寂しそうな顔をされたのでなんだか気の毒になり
覚えてたらね、と答えたのですが
娘としては、死後のことばかり考えられるより
生きてる間に、自分のしたいように思うようにして欲しいなと思うのであります。

誰もがヘリで山に行きたいわけではないのよ、お父様。
私、乗り物酔いするの。
むちバナー3
しまねこさん、それだ!それ!
さだ氏と言えば恋二郎さん。お久しぶりです。
belleさん、終わりの始まりってこともありますよ、、。
続きを読む

テーマ:日々あれこれ - ジャンル:ブログ

  1. 2014/11/25(火) 18:34:24|
  2. むち婆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

かすがいばあさま

携帯電話会社を変えたせいで嬉しい誤算。
ハハからの電話が約9割減!
休日の朝(土日時間だと9時でも早朝)に起こされることも無くなりました。
たまにかかってきても
「ハイ、わかりました。」「じゃ、それだけなんで。」
10円もうないんで!ブーッ 
って切れるんじゃないかぐらいの勢いで、用件のみで強制終了させられます。

父クサオは、変更した携帯のメールアドレスを教えてくれと
さすがに4回も聞くのは気が引けたのか
わざわざパソコンからメールを送ってきます。
思うに、携帯の電話帳の登録変更が出来ないのでしょう。
滅多にやりとりしないせいで、私から以前に送ったメールが発掘出来ず
返信という形が取れないので、やむなくパソコンから
「宅急便明日の夜着くよ」とだけ送ってくるのでしょうね。

電話が減ったのは、無料通話が出来なくなったというだけではなく
むち婆という大きな存在がいなくなったせいでもあります。
私が実家に連絡を取るのは、むち婆の様子を聞くためで
あちらもそれを知っているので、いつも婆様にかこつけて
私に電話をしてきていました。
「婆はかすがい」で、いなくなった今は見事に
話すこともきっかけもなくなってしまったように思います。

実家と疎遠になっていった姉のことを愚痴るハハに
「家族の形は変わって行くのだから仕方ない、それが自然」
「いつまでも子供の頃と同じ関係ではいられないんだよ」
そう言って諭していたむち婆。

あなたがいなくなって、また形が変わったようだよ。
私にはこのぐらいの関係が、ちょうどいいかな。
でもあなたがいたら、きっと寂しがるね。

去年アームカバーを買った中川政七商店の靴下ブランド2&9
「富士山トレッキング靴下」なる商品を発見。



どこが富士山って?
色です色。
なんたる可愛さ。思わず山登り好きのクサオに贈りました。
ついでにハハには去年欲しがっていたアームカバーを。
きっかけですかね。



久しぶりに休日の早朝に電話がかかってきました。クサオから。
「オレちょうど昨日これと似たの買おうか迷ってたとこやった。」
微妙に興奮して喋るクサオから電話を奪い去ったハハは
「ハイ、届きました、ありがとね、じゃ、電話代高いから切るね。」ツーツーツー

携帯電話会社が違うと、着信にもお金がかかるって本当かと以前聞かれ
こりゃ好都合だわと否定しなかったのをちゃんと覚えているようでした。
しっかりしてるわ~。
私からも電話はしないわよ。
しっかりしてるから~。

衣替えの季節です。
手洗い出来る物は自分でしているので、昨日は5回も洗濯しました。
ニットは乾きが早いから助かるぜ。

むちフェルトもひなたぼっこ中



本体もひなたぼっこ大好き

IMG_4999_convert_20140512211514.jpg

衣替え終わりましたか?

IMG_5000_convert_20140512211601.jpg

ま、まだです。
夏までには終わらせて下さいね。

IMG_5006_convert_20140512211703.jpg

ハハからT子の部屋の話を聞かないせいで、放送時間が変わったことを知りませんでした。
へぇーー そーなんだー 
むちバナー3

ちよ☆さん、わざわざありがとうね~。
私、もうあんまり猫画像見ないようにしてるから(猫かわいいから寂しくなるの)
またどっかで見かけることあったら教えてね。
不正投稿、結局3本通報して、4本目発見してもうがっくりして放置してたら
私のかわりに通報してくれた方がいたようでいつのまにか削除されてました。
どなたか存じませんがありがとうございます。
新しい動画を撮れなくなった今、むちおの動画は私の大事な宝物なのです。
見せびらかしといてなんですが、盗まないで。 続きを読む

テーマ:こんなん買いました - ジャンル:ブログ

  1. 2014/05/12(月) 21:54:18|
  2. むち婆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お葬式2013 マメ家ver.

伊丹十三監督の映画『お葬式』を久々に観ました。
この映画が出来たのは、30年も前。
監督が亡くなって今年で17年にもなります。

初めて観たのはおそらく小学生の頃。
親もよくぞこんな映画を子供と一緒に観たなと、今さらながら感心。
小学生の私は、葬式って(大人って)いろいろ面倒で複雑でドラマチックなのねぇ…
ぐらいに思っていました。

IMG_5489_convert_20140213002737.jpg

ありがたいことに、今まで身内の葬儀に出たのは2度のみ。
小学校に上がった歳に亡くした祖父と、昨年亡くなった祖母。
ゲストとしてではなくホストとして経験した祖母の「お葬式」。
映画の中の「お葬式あるある」は、30年経っても変わってはいなかった。
当事者達はいたって真剣なのですが、それ故に滑稽なのです。

「お葬式2013 マメ家ver.」でもオリジナルと似たようなシーンがありました。

・お布施の金額
「お気持ち額」って「思いやり予算」並みに不明瞭。
日頃から無信心ゆえに、皆ローコストを主張。
揉めた挙句に、父クサオが親戚中に電話で問い合わせる。

しかしどこも金額をはっきり口に出すのは躊躇われるのか
「○○さんとこは何回も葬式やってるからよく知ってる」とか
「あそこの家は最近葬式出したから知ってるはず」
「全部息子に任せたからよくわからない」
「宗派が違うから」
たらいまわしになった。
聞く方も聞く方だけど、、。くだらない。。

・妙な高揚感
悲しいからか忙しいからか、やけにみんなハイテンション。
久々に会う親戚同士で盛り上がり、プチ同窓会状態。
いくつになっても○○ちゃんって呼びあうんだねぇ。
だいたい話題は「病気・孫子の近況・毛量・重量」。
私は、祖母と離れて暮らしていたので親戚付き合いが無いに等しく
祖父の葬儀の時以来に会った人には「大きくなって…」
生まれた時以来と言う人には「大きくならなくてよかったね…」
3950グラムの赤ん坊の記憶は、いい加減消して貰いたい。

・はりきる喪主
むち婆の指名により喪主を務めることになった父クサオ。
あまり社交的ではなく口下手な人だと思っていたのだが
まぁ、人前でよく喋る喋る。
通夜振る舞いの時も、葬儀の時もあまりしめっぽくならないよう
少し笑いを交えながら挨拶をしておりました。
意外な才能に「クサオさんのあんなとこ初めて見たわ」とクサオ兄に言うと、
お父さんって言いなさいよと注意されつつ
「クサオは昔は社交的で、人前で目立つのが大好きな男だった。」
父になったクサオは、昔のキャラを封印したのか。
疲れ切ったハハに対し、元キャラ復活させて生き生きとしたクサオが印象的でした。

・正座で痺れる
もはや葬式話での定番ですが、私はやってませんよ。
ご家族は棺に花を、のシーンで痺れがマックスだった姉は
前に座っていた参列者2,3人を足蹴りし、
なぎ倒しながらも不屈の精神で立ち上がったのですが
もはやこれまでとタオルを投げ入れたセコンドの妹に
後ろからガッツリ抱きかかえられる形で棺へと辿り着きました。
燃え尽きたのか。

IMG_4014_convert_20140213002637.jpg

この後2度、痺れてKOいう失態を演じたこのボクサー、
合掌するシーンでは、両手を組み合わせてジーザススタイル(寒かったからとは本人の弁)。
お焼香は片手、とかなりのフリースタイル。
念のため葬儀のマナー本を読んで予習していた妹は、
そうか形にとらわれてはいけないのか。気持ちの問題ね。さすが年長者。
と目から鱗…とはならなかった。
マメ家にいると、自分の思う常識や良識のラインが揺らぎます。

ジーザス姉ちゃんの基準は、己が良しとするかで周りは関係なし
ハハのは、半径5キロ圏内4親等程のエリアで通用するか
クサオは、これといってないので世論(=A日新聞)が基準

一番確固たる信念がないのは、やたらハードルが高いだけの私かもしれません。
こうして見ると、私の人格は三者の反動形成であるのは自明のようです。
なんだ、ただの子供か。

閑話休題。

葬式は誰のための儀式なのか、というとやはり「残った人間のため」な気がします。
宗教的な意味合いは置いといて。
これからも生きて行く人間が、周囲に対し
故人への誠意を見せるというか義理立てすると言うか。
だって本人がわかるわけでも文句が言えるわけでもないもの。
こう言うと身も蓋もないけれど。

まだむち婆が元気だった頃、「誰か死んだこと伝えて欲しい人いる?」と聞いたことがありました。
「誰がきても私はわからんから、あんたらが伝えたい人にだけ言えばいい。」
「死んでから来られるより、生きてるうちに会いたいし。」
そう言って笑っておりました。そりゃそうだ。
達観しきっているなぁとその時は思っていたのですが
100年生きて、色んな人の葬儀に参列し、色んな話を耳にしてきたからこその言葉だったのでしょう。
実際「伝えたい人だけ」の式になり、
残ったハハが望む「完璧な葬式」の形なんだなと思いました。
彼女が祖母に最後にしてあげたいこと、なのでしょうね。

IMG_5826_convert_20140213003140.jpg

しがらみのない私には、儀式の意味はあまりよくわかりませんでした。
私にはただ祖母の肉体とのお別れ。
気持ちのお別れはまだまだ出来ません。
最後はむちおのようにシンプルにいきたいな。
それだけはこのとき、確信しました。




キャスト
・むち婆…祖母
・クサオ…父
・ハハ…母
・ジーザス姉ちゃん…姉
・私…むちこ

特別出演
・むちお
・マメ家4親等程の親族の方々

私、全く関係ない・・
IMG_6100_convert_20140213003409.jpg

むちおさんはいるだけで絵になるからいいの!
しかし決まりごとや決めることの多いのに閉口しましたよ。
考える時間を与えないためにあるのかもね。
お葬式、面白い映画ですよ。丸太ブランコに乗って揺れてるとこと白黒カットのシーンが好きです。
むちバナー3

テーマ:こんなお話 - ジャンル:ブログ

  1. 2014/02/13(木) 00:54:45|
  2. むち婆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ねこの温度

2匹の猫がここにいるのは
窓から入り込む日差しと

あいつまた写真撮ってやがるわ。メイちゃん向こう見ちゃダメよ。
わかった!

fc2blog_20140120150536b92.jpg

温かい風の通り道だからです。

見ちゃダメ
見ちゃダメ




たまに方向転換もしてます。

知らないひと
知らないひと




猫は涼しいところと暖かいところを知ってるんですよ。



むちおさんは、私の腕の中が好きだもんね。
一番好きなのは、ここです。。



こたつにはかなわんな~。

むち婆の49日法要を無事済ませました。
ずっと家に帰りたがっていたむち婆は
しばらく納骨はせず、家でゆっくりしてもらうことになりました。
猫らがどたばたと走り回っているなか、こりゃこりゃと言って笑ってそうです。

私は久しぶりに猫と寝ました。
夜中に目が覚めると足元がやけにあったかかったり
布団の中の猫のにおいが、とても懐かしく思えました。
むちおはむち婆の布団に入れてもらってるかしら。
むちバナー3
かわうそさん、教えていただきどうもありがとう。
祝ごちそうさまむちむち150万回! 続きを読む

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

  1. 2014/01/20(月) 21:49:13|
  2. むち婆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

むちむちとしわしわ

気づけば、もうお坊さんが走る師走。
久々スーパーに行くとマライアが熱唱していて、職場にはお歳暮が届いていました。

ちょうど半年前のお中元の時季、
出来心で祖母に送ったT屋の羊羹詰め合わせが
今でもチクチクと私を刺してきます。

白や黄色の菊は嫌いだから、ピンクの花で送って欲しいとの本人の意向で
ピンクだらけのえらい華やかな祭壇になってました。

IMG_0194_convert_20131205162622.jpg

ちょうど祇園祭のさなか
最近むち婆の元気がないと聞き、
これは大好きなT屋の羊羹の出番だろと、軽い気持ちで送りつけたのですが
さすが老舗T屋、破壊力ハンパなかった。

情緒不安定だったむち婆は、それを受けとって大感激大興奮してしまい
「どうして私なんかに優しくしてくれるんか」と
ベッドで頭から布団をかぶり、わーわー大声で泣き叫んで手が付けられなくなり
食事も排泄も睡眠もできなくなって、翌日病院へ行くと即入院となりました。

知らせを聞いて病院に向かうと、むち婆は数か月前に会ったときより小さくなっていて
意識はおぼろげになり始めていました。

ハハは私に「悪いけどあんたのT屋が引き金。」と言いました。

があぁぁぁぁぁぁんん


私のせいで、とは思いませんし
余計なことした、とも思えませんが
とにかくタイミングが悪かった。
「ぐらぐらしてるとこ、背中を押した」のも
きっかけを作ったという意味では、そうでしょう。

ああ、またやっちゃったなぁ。
どうしてこう間が悪いんだろ。

タイガーショックの話を友人にすると
「良かれと思ってしたことが裏目に出る、安定のむちこクオリティ。」
いつも通りやん、気にするな。力強い慰めの言葉を貰いました。

どうにも空回りしてしまう。
結果が悪い方に転んでしまう。
それが私。

またですか、、。
IMG_2653_convert_20131205163143.jpg

片道4時間弱かかるむち婆の元へ、足繁く通っていたのは
後ろめたいような、申し訳ないような気持ちからの義務感も少しありました。
全く反応しなくなったむち婆に、またね。ごめんね。いろいろありがとね。
そう言って帰宅した翌々日の夜、亡くなったと知らせを受けて
悲しみの中でも、終わったんだなぁと少しホッとした部分もあります。

たった半年で、私は何もしなかったけど、
「よくなる見込みがない」状態を見続け、精神的にも肉体的にも疲弊したのか
ふと「これがいつまで続くのかな」と思い
終わるのはいなくなる時なんだ、なんてこと考えたんだ自分。と自己嫌悪。

余裕がないから、事情を知らない友人の言葉にイライラして
隣の工事にイライラして、引越していつまでも片付かない部屋にイライラして。

しばらく週末は家でひとり過ごせるし、遠出も出来る。
おお、やっと元の生活に戻ったやん。

でも、寂しいね。
しわしわの顔が見れなくなったのは、寂しい。
大好きだった存在がいなくなるのは、寂しい。
むちむちとしわしわは、仲良くやってるかな。

まぁ、それなりに。
IMG_9888_convert_20131205163504.jpg

お悔みの言葉をありがとうございます。
クサオは実母を10代でなくしているので、むち婆との付き合いの方が長く
結構ショックを受けていました。
天寿を全うしたじゃないかと、周囲があまり湿っぽい雰囲気にならなかったのが幸いです。
私たち4人だけは、花を手向けるときも火葬のときもおいおい泣いておりましたが。
とても大きな存在でした。

棺に入って、顔の周りに花をたくさん飾られたむち婆は
顔だけ浮かんでなんだかコントのようで、少し滑稽に思えました。
そのせいか、どれもこれも作り物の儀式めいて見え
他人事みたいで、まだ実感がわきません。
むちおの時の引き裂かれるような激しい感情はありません。
静かにじわじわと、半紙に落とした墨のように
悲しみの波紋が、私の内に広がっています。 続きを読む

テーマ:最近のこと - ジャンル:ブログ

  1. 2013/12/05(木) 17:23:07|
  2. むち婆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
次のページ

プロフィール

むちこ

Author:むちこ
むちおは永遠の14歳。メスっこ。
ちょっぴりぽっちゃり猫です。

2009.4.17開設
ただいまシンプルに更新中です。
時間が出来た時は長文書きますぞ。
リンクはご自由にどうぞ。

文章・画像・動画の無断転載しないでね。

むちおバナー

最新記事

最新コメント

mutio

mutio.gif

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリ

出来事 (488)
むちおのこと (269)
コネタ (169)
思ひ出ぼろぼろ (11)
映画 (109)
友人 (101)
むちお検索 (7)
動くむちお (105)
むちおと私の長くて短い一週間 (27)
未分類 (199)
ぶっこの合宿 (8)
むちTシャツ (2)
こんなん買った (52)
むち絵ギャラリー (2)
むち絵ギャラリー2011 (2)
MNNニュース (10)
むちおの名前 (2)
ベルギー旅行 (7)
韓国旅行 (10)
秋模様 (12)
桜通信2010 (7)
桜通信2011 (4)
桜通信2012 (11)
桜通信2014 (6)
ヨーロッパ放浪記 (25)
みちのく紀行 (9)
2014-2015 ヨーロッパ (28)
宮城2015 (6)
本 (3)
一枚記事 (17)
むち婆 (13)
海外旅行の準備 (4)
2016 台北 (3)

むちカウンター 

チーム☆ドМ猫印

Mmuchiweb.jpg

スペシャルキャット認定証

みんな何読んでるの?

人気記事ランキング(2010.12月からの集計)

今日は何度かな?

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

むちメール

名前:
メール:
件名:
本文: