mutio 徒然

片足靴下猫のむちおとの生活。猫と映画と洋服が好き。 

21世紀老人

本日、むち婆が100歳を迎えました。

IMG_1145_convert_20131117221742.jpg

日に日に幼くなっていく彼女が、愛おしくてなりません。
いつのまにか私は彼女の娘になったようで、
会いに行くと破顔します。
しわしわの顔で、目が埋もれてしまうぐらいくしゃくしゃに笑うのです。
「あ~かわいい子が来た、かわいい子が来たよ。」
そう手を叩いて喜ぶのです。

夏に体調を崩し、救急で運ばれ検査の結果
もう長くないこと、出来ることがないことがわかりました。
今は施設と病院を行ったり来たり、完全に寝たきり状態です。
ハハは毎日仕事が終わってから、食事の付き添いに行ってくれています。
毎週とはいきませんが、私も出来る限り会いに行っています。
会話が出来る時間が、どんどん短くなってきました。
今回はほとんど話が出来ず、手を握られたままそばにいただけでした。

IMG_1154_convert_20131117221641.jpg

周囲に「大往生だよ」「寿命だから仕方ないよ」と言われ
そうだよね、客観的にみたら充分長生きだよねと自分に言い聞かせています。

IMG_8816_convert_20131117220805.jpg

祖母の症状や状態をハハが医師や看護師にいくら訴えても
「お歳ですからねぇ。。」と診てももらえず
「寿命寿命って、長生きしたら悪いんか。年寄りはただ死ねってことか。」
日々小さくなっていく祖母を見て堪えきれなかったのか
泣きながらハハが電話をしてきたことがありました。

年寄りだらけの病棟は、病院内の見捨てられた孤島のようで静まり返り
慢性的な人手不足なのか、ナースステーションもいつも無人です。

IMG_4264_convert_20131117223414.jpg

誰にも迷惑をかけたくないと、いつも言っていた祖母は
「どこも痛いとこはないよ、大丈夫」と私たちに言うのですが
時々どこか痛むのかぎゅっと眉をひそめ、しかめっ面をしています。

祖母はずっと膝を曲げ横に倒して寝ていたのですが、
ある日ハハがシーツのよれを直そうと布団をめくりあげると
重ねていた両足の皮膚が動かすたびにこすれていたのか、
見えにくいふくらはぎ部分の皮膚が剥け、骨が見えていたそうです。
驚いて、いつからこの状態なのかと病院に聞くと気づいていなかった様子、
「さぁ~ いつからでしょうね」との返事だったそうです。

我慢して入浴していた祖母が、選択肢がないとはいえその病院にいることで
本人の苦痛を和らげているのか
内出血だらけの細い腕を見る度に、やるせない気持ちになります。
面倒を見てあげられない私は、何も言うことは出来ません。

痛いって言えばいいのに。もう遠慮なんてしなくていいのに。
100年も頑張って生きてきて、周囲に気を遣い、我慢して我慢して、
「死ぬのがこんなにしんどいとは思わんかったよ。」なんて、笑うのです。
その姿はむちおの最期の姿に重なり、私はただ頭を撫でてぎゅっと手を握るだけです。

ハハが席を外し、病室に2人きりになったとき
それまで「まだまだ大丈夫、頑張るよ」笑っていたのに
私の手をギュッと握り
「もう疲れたよ。もう充分だよ。いかせてよ。」そう言いました。
私は驚いて「そんなこと言わんといて。まだダメ。まだまだいてくれんと困る。」
泣きながらそう答えると、「あんたがそう言うなら、もう少し頑張ろうか。」
すぐにいつもの笑顔に戻りました。

IMG_6294_convert_20131117221124.jpg

私はむちおのことを思い出していました。
あの子は最期とてもとても苦しんで、トイレの隅でへたりこんだまま
眠ることも出来ず、何時間も消え入りそうな呼吸を続けていました。
歯を食いしばったせいで、あんなに丈夫だった前歯が折れ
歯茎に刺さったのか、真っ白な顎は固まった血で茶色く汚れ
まんまるな目を閉じることも出来ず、色も匂いもしない尿を何度も垂れ流し
身体の向きを何度もかえて、少しでも自分が楽な体勢をとろうとして
必死に頑張っていました。

私は見ているのが辛く、自分がその状況に耐えきれず
夜になりいつもの病院に電話しました。
休診日のその日の早朝、先生を叩き起こして診てもらった時に
この後学会に行くので、もうつながりませんよと言われていたのですが。
電話はもちろんつながらず、私はトイレのむちおのもとに戻り
むちおはその後も数時間頑張って、私の腕の中で息を引き取りました。

あの時、電話がつながっていたら
私は先生に楽にしてやってくれと頼んでいたかもしれません。
今思うと、自然に旅立たせてやれたことは私にとっては良かったと思います。
でも祖母に言われてからこの数ヶ月、その時のことを思い返しては
あの子も喋れたら、同じことを頼んだかなと
そうしたら私はどうしていたかなと、無意味なことばかりぐるぐる考えています。

IMG_4248_convert_20131118191932.jpg

数年前から、年寄り独特の頑なさがとれて穏やかになった祖母は
悟りを開いたような言葉を、ジタバタあがいて生きている私にかけてくれます。
この人は本当に文字通り、ホトケに近づいていってるんだなと感じていました。
今でも祖母に幼い子のように頭や頬を撫でられると
スッと自分の邪気や毒気が抜けていく気がするのです。

施設に土日ボランティアで来られる方が、どの入所者に対しても
幼い子供にでも話しかけるように接するのが、私はどうしても馴染めずにいて
たまたま祖母にも、言い聞かせるように話しているのを離れたところで目にしたのですが
祖母は「はいはいわかりましたよ」とただニコニコ返事をしていて
ちょっとバカにしてない?ボケてわかってないと思ってるんやろ
なんでちゃんと言い返せへんの?と私が怒っていると
「アホのふりしといたら、丸くおさまるからそれでいいの。」
「それが処世術だよ。」
そう言っておどけた表情で笑いました。
とても聡明でチャーミングな人です。

義理の息子にあたるクサオに対しても
「いい意味で他人だから、なんでもしてもらって当たり前と思っちゃいけない。」
「いくら身内になったと言え、そこはきちんと線引きがいるんだよ。」
そう言って、いつも感謝の言葉を口にしていました。

完璧主義なところがあるハハのことを
「ある程度の距離があった方が、お互いにうまくいく。」
「毎日顔をつきあわせていると、余計なことを口にしてしまったりする。
 たまに会うと、かける言葉も自然と優しくなる。あの子の性格思うと今の生活が一番いい。」
家から施設に帰る道すがら、私にそう言っていました。
「それに、施設にいる方が居心地がいいよ。あの子に言ったらダメだよ。」と、笑いながら。

この前は私に向かい「あんた誰やったか?」
「まだひとりでおるんか、情けないねぇ。」そう言った後で
「あんたは昔からしっかりした子やから、何も心配はしてないよ。
でもひとりで生きてくには、それだけでは足りないよ。」
ポツリとそう言いました。
「そうかね。何が足りない?」
「まだまだ。全然足りないよ。」
「あんた名前なんやったかね?」
いつも同じ話を繰り返すのに、その話はそれきりしませんでした。

じゃあまた明日顔見に来るよ、というと
こんな皺だらけの顔見られたら恥ずかしいわと両手で顔を隠すので
じゃあ、来るのやめようかと言うと
うそうそやっぱり来てと、しわくちゃの顔で言うのです。
いつ頃からか別れるときに、バイバイと言えなくなりました。
昨日も帰り際にじゃあまたあとでね。と病室を出ました。

100歳になることを「嬉しいような、悲しいような気持ち」
そう言っていましたが、おばあ様。

私はとても嬉しいよ。
少しでも一緒に過ごす時間が長ければいいと願っています。
あなたの好きなネギがのっかってないとろろ蕎麦、大晦日に食べようよ。
100歳、おめでとう。



ソバはちょっと…。
IMG_6097_convert_20131117222457.jpg

むちおさんは、焼きカツオね。
イエス!
IMG_6103_convert_20131117221504.jpg

この人は不死身なんじゃないかと思っていました。
秋に差しかかる頃には、目に見えてガクンと弱っていき
毎回これが最後かもしれないと思いながら訪ねています。
気持ちが完全にそちらに向き、心ここ(ブログ)にあらずだったので
しばらく短文形式の更新にしてきました。
実は病室からスマホの中の写真見て、思いついたのを一気書きしたのでした。
約1か月分。もう尽きちゃった。
また思いついたらの更新に戻ります。

ちなみに100年前(1913年)の出来事を調べてみると
・徳川慶喜死去
・第2次バルカン戦争勃発&終結
・森永ミルクキャラメル発売
などがありました。すごいねぇ、1世紀だよ。
むちバナー3
関連記事

テーマ:我想う - ジャンル:日記

  1. 2013/11/18(月) 19:29:00|
  2. むち婆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<プラスマイナスゼロ? | ホーム | oh no,,>>

コメント

祝100歳

よし、決めた。
森永ミルクキャラメルのことを、今日から
むち婆ミルクキャラメルとよぶことにします。
  1. URL |
  2. 2013/11/18(月) 21:48:21 |
  3. かまど猫 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/11/18(月) 22:45:05 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます

そうね・・・うん・・・

考えることはいっぱいだわね
  1. URL |
  2. 2013/11/18(月) 23:27:51 |
  3. にあ #-
  4. [ 編集 ]

生誕1世紀おめでとうございます。
むちこさん考えることはいっぱいだけど
あまり考えすぎぬように。
  1. URL |
  2. 2013/11/19(火) 00:42:31 |
  3. ナナアニ #wgd5InMU
  4. [ 編集 ]

むちこさん深呼吸を。
ループしちゃいます。

むち お婆さまの物語りも好きです。
1世紀って厚みが違うなぁ。
傍らの猫のなんとしおらしい表情よ…
  1. URL |
  2. 2013/11/19(火) 01:22:01 |
  3. ゆーな #-
  4. [ 編集 ]

とても深いお話ありがとうございます。
朝から涙腺がゆるゆるです。
うまくコメントできませんが、100歳おめでとうございます。
  1. URL |
  2. 2013/11/19(火) 07:35:43 |
  3. くぅなつママ #-
  4. [ 編集 ]

むち婆ちゃん、100歳オメデトウ!
子供の頃におばあちゃん2人とも他界したから、もっといっぱい喋って
会いに行けばよかったって後悔してる。
だから余計にむち婆ちゃんの言葉がグッと来るし、頑張ってもっと長生き
して欲しいな.......
  1. URL |
  2. 2013/11/19(火) 08:56:58 |
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

百寿おめでとうございます

ブログを読んでたら去年96歳で亡くなった祖母を思い出しました
  1. URL |
  2. 2013/11/19(火) 09:06:57 |
  3. かわうそ #-
  4. [ 編集 ]

病院などの問題は本当に深いですね。
祖父の時に同じように感じました。
病院も病院で働く人も圧倒的に足らない。

いろんな思いがありますが、
できるだけ、多くの時間を一緒にお過ごしください。

むち婆様、100歳おめでとうございます。
もっともっとあなたの言葉聞きたいです!

  1. URL |
  2. 2013/11/19(火) 09:12:14 |
  3. ミーコ #-
  4. [ 編集 ]

むち婆さま 
100歳おめでとうございます!素晴らしいです。

朝、読んだのですが、嗚咽してしまい最後まで読むことができませんでした。
むち婆さまがむちおさんと重なった…と書いてある辺りから、そしてむちおさんの最期の描写が、私ははらじろと重なってしまいました。

はらじろも「もう点滴はしないで逝かせてほしい」、「もう楽にしてほしい」と訴えたかもしれない。はらじろが望んだことをしてあげられていたのだろうかと…

どうかむち婆さまとの時間を大切に、むちこさんが思いを残すことがないように、精一杯の思いを尽くして差し上げてください。

私は病院と福祉施設の管理をしていますが、ご家族の思いをくみ、それに応えることができているだろうかと改めて考えました。

むちこさん、どうもありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2013/11/19(火) 13:34:28 |
  3. はらじろ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/11/19(火) 15:48:44 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

むち婆さま 100歳おめでとうございます!
こんなにやさしいお孫さんがいて幸せですね。
まだまだ穏やかな日々が続きますように。
  1. URL |
  2. 2013/11/19(火) 16:34:12 |
  3. こたばあや #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/11/19(火) 17:07:16 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

No title

私は寿命だからという言葉はあまり好きではありません。
絶対ネギがのっていないとろろ蕎麦、一緒に食べて下さいね。
  1. URL |
  2. 2013/11/19(火) 23:15:32 |
  3. ピョンコ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2013/11/20(水) 04:15:55 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます!

私のお婆ちゃんも同じく百歳です!
もう一人のばあちゃんは92で家で老衰で亡くなりました。
ばあちゃん大好き。
歳とっても、やっぱりいつまでも元気でいて欲しい。
いろんなお話し聞きたいけど…
むち婆ちゃん、もう少し…桜も見ましょうよ!
  1. URL |
  2. 2013/11/25(月) 14:13:23 |
  3. belle #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mutio.blog22.fc2.com/tb.php/1435-dacd56f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

むちこ

Author:むちこ
むちおは永遠の14歳。メスっこ。
ちょっぴりぽっちゃり猫です。

2009.4.17開設
ただいまシンプルに更新中です。
時間が出来た時は長文書きますぞ。
リンクはご自由にどうぞ。

文章・画像・動画の無断転載しないでね。

むちおバナー

最新記事

最新コメント

mutio

mutio.gif

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

出来事 (510)
むちおのこと (270)
コネタ (169)
思ひ出ぼろぼろ (11)
映画 (109)
友人 (103)
むちお検索 (7)
動くむちお (108)
むちおと私の長くて短い一週間 (27)
未分類 (205)
ぶっこの合宿 (8)
むちTシャツ (2)
こんなん買った (55)
むち絵ギャラリー (2)
むち絵ギャラリー2011 (2)
MNNニュース (10)
むちおの名前 (2)
ベルギー旅行 (7)
韓国旅行 (10)
秋模様 (12)
桜通信2010 (7)
桜通信2011 (4)
桜通信2012 (11)
桜通信2014 (6)
ヨーロッパ放浪記 (25)
みちのく紀行 (9)
2014-2015 ヨーロッパ (28)
宮城2015 (6)
本 (3)
一枚記事 (17)
むち婆 (13)
海外旅行の準備 (4)
2016 台北 (3)

むちカウンター 

チーム☆ドМ猫印

Mmuchiweb.jpg

スペシャルキャット認定証

みんな何読んでるの?

人気記事ランキング(2010.12月からの集計)

今日は何度かな?

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

むちメール

名前:
メール:
件名:
本文: