mutio 徒然

片足靴下猫のむちおとの生活。猫と映画と洋服が好き。 

ブルーなチョコレート

お久しぶりに長々と映画の話。

・『ブルージャスミン』(2013/アメリカ)
ケイト・ブランシェット演じる、セレブ女性ジャスミンの転落人生を描くドラマ。
ウディ・アレン作品というだけで、とりあえず見るようになったここ数年。
うむむ。ここんとこ、ローマでなんちゃらとか
パリでどうしたこうしたとか、ロンドン橋おちたとか
どれも軽いラブロマンス続きだったのに、今回はぐっとシリアス。
そうは言っても独特の皮肉とユーモア、洒脱なアレン節は健在です。

ジャスミンの凋落っぷりが、滑稽というより哀れです。
セレブ時代の高そうなブランド服を着ているのですが、
毎回ほぼ同じ格好で、手持ちが少ないが丸わかり。
でも交際相手の男性はそれに気づかない。
初対面のシーンで、それはどこそこの服、どこそこの靴でしょ?
って当てるほどファッションに詳しそうなのに。
一回裸見たらもう服はええんか。

正反対の存在である妹と共通しているのは
良くも悪くも男性に振り回されてしまうところ。
ほらね、だから1人で生きていけないとダメなんだよ。
相手の収入だけに頼って生きてたら、なんかあったら自分も共倒れだよ。
なんて、ちょっと意地悪なことを思ったり。
自分ひとりだと倒れたらそこでおしまい、なんですがね。

結婚ねぇ。
「これだけ長いこと破綻してない世界中にある制度なんやし、
なんか理由があるんちゃう?一回ぐらい試してみたら?」
と、言った友人の結婚観がこれまでで一番説得力がありました。
まさに売れてるには理由がある、皆様に愛され続けて幾歳月。
個人的には、家を持ち家にするか、賃貸にするかと同レベルだと思っています。

映画の話に戻りますが、、
夫が逮捕され生活が破たんし、一文無しになっても
裕福な生活をしていた頃をいつまでも忘れず
身なりも当時のままを続け、自分は周りの庶民と違うんだと
全く現状を受け入れようとしないジャスミン。
一方で、庶民的であっけらかんと明るく、騙されてもすぐ立ち直り
またダメ男を選んでしまうジャスミンの妹。
妹の方が逞しいし、人生楽しんでいるんでしょうけど
全く魅力を感じず、共感もできませんでした。

いつまでも過去にとらわれ、どんどん精神を病んでいくジャスミン。
ああ、この感覚わかるなぁ。戻れないけど、それ認めたくないんだよね。
きっとそうすることでしか、今を生きていけないんだよ。
あーーー わたしもーーーひーきーずーらーれーてーるー

ラストもやっぱりアレンなのです。ちぇ、つめてぇのな。
気持ちに余裕がある時に見ることをお勧めします。

・『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013/アメリカ)
『ペーパーボーイ真夏の引力』あたりから、マシュー・マコノヒーの原形が思い出せなくなってしまいました。
あれ?どんな顔の人だったっけ、、、。
主演のマシュー21キロ減、助演のジャレッド・レト18キロ減で
二人合わせて約40キロ減のダイエット映画、、、
違った。出ましたよ、無敵の「実話系」。
HIVに感染し、余命30日を宣告された主人公が
生きるために奔走する話です。

自分のために無認可の薬を入手し、世の中にニーズがあることがわかったので
違法を承知で売ることにしたロン。
正義感から始めたわけではないのに
周りの影響で徐々に心境が変化していく様が自然。
最後までヒーロータイプではないのがいい。
「健康のためなら死んでもいい」なんて言葉がありますが、
まさにそれ。途中から健康オタク、なんだか宗教くさくもなっていきます。
難病の娘のため医薬品会社を設立した『小さな命が呼ぶとき』とはまた違う
世の中に一石を投じた人の話。
とりあえずあそこまでガリガリになったら病気を疑おうぜ、、。

・『ル・アーヴルの靴みがき』(2011/ フィンランド・フランス・ドイツ)
見逃していたカウリスマキ作品。
相変わらず、地味、華やかさゼロ、登場人物全員無表情、だいたい貧乏。
「貧しくとも、心は豊か」な市井の人々の人情話。
いつものカウリスマキ節の淡々としたセリフや独特の間、絵がシュールです。
好きな人は好き、知らない人は全く馴染めない、
カウリスマキファンなら満足の映画です。

・『チョコレートドーナツ』(2012/アメリカ)
ゲイカップル、ダウン症児、ネグレクト、、
マイノリティてんこもりで、前評判がかなりいいせいもあり
なかなか観る気になれませんでした。
泣いてくれと言わんばかりのテーマじゃないか。しかも「実話系」。

そういう意味で、結構身構えて観たのですが
かなりよかったです。。まんまと泣きました。
テーマが重いわりには、観終わった後にどーんと落ち込むこともありません。
結末はひどいものでしたが。

たまたま好きな相手が同性で、
たまたま障害を持って生まれて、
たまたま母親が薬物中毒で。。
自分でどうにも出来ないことを
人と違うというだけで、責められる理不尽さ。

母性や父性という曖昧な、漠然としたものの存在を
血縁関係があるというだけで信じるなら
昨今のニュースを見る限り、愚かなことだと思います。
「自分の子はかわいい」という定義が
全ての親にあてはまるわけではありません。
向き不向きって誰にでもある。対象が命であるなら
向いてる人がやればいい。
「血の繋がり」は、時に子供をがんじがらめにする鎖にもなります。

家族の形はどうであってもいい。
ただ、一緒に暮らしたい。守ってやりたい。
むちおを家にあげたのも、そんな風に思ったから。

97分と短いのでちょっと展開が早いのですが
3人の笑顔を見るとわかる、くどくど説明はいらないのです。
理由なんてないんだもんね。一緒にいたいと思っただけなんだよね。



生き方も幸せの形も家族の形も、人それぞれ。
『ル・アーヴル…』以外はまだ公開中です。

こういう無防備な寝姿を見れるだけで

IMG_7873_convert_20140622120948.jpg

幸せな気持ちになれたりするんですよね。

IMG_6738_convert_20140622121133.jpg

よく見たら薄目開けてる?

チョコレート>>ブルー>靴みがき>>>カウボーイ かな。
ああ、休みあと半日。。。
むちバナー3
関連記事

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2014/06/22(日) 12:43:34|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<そりゃクロだろ。 | ホーム | いちげんさん>>

コメント

いちばんちかくのミニシアターがなくなったからちょっとどよんとしている。トーファイ。
  1. URL |
  2. 2014/06/22(日) 13:54:39 |
  3. かまど猫 #-
  4. [ 編集 ]

久しぶりの映画の話、待ってました~!
まだ公開中なのね?最近オンラインの有料のパックで映画やら見始めたんだけど。
あんまりいいのがないのよねえ。
でもウッディアレンはいくつかあった。
今回教えてくれた映画は配送されるかな~。
いつか見てみよう。
私が最近見て印象に残ってるのは「月曜日のユカ」。加賀まりこが若くてかわいかった。
  1. URL |
  2. 2014/06/23(月) 00:37:47 |
  3. kotora #-
  4. [ 編集 ]

劇場版『mutio 徒然』予告編

全米が鳴いた (にゃー)

ブログから生まれた
むち腹を揺さぶる感動作

3D上映で飛び出すむち手

近日公開
  1. URL |
  2. 2014/06/23(月) 01:32:48 |
  3. MNNシネマ #wgd5InMU
  4. [ 編集 ]

相変わらず久しく映画を見ていない私です(--;)
近くに比較的大きな映画館できたというのにw

結婚・・・それは勢いです。
個人的にはしてよかったかなとおもうけど。
  1. URL |
  2. 2014/06/23(月) 19:56:41 |
  3. あんずミャミャ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mutio.blog22.fc2.com/tb.php/1523-e7138ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

むちこ

Author:むちこ
むちおは永遠の14歳。メスっこ。
ちょっぴりぽっちゃり猫です。

2009.4.17開設
ただいまシンプルに更新中です。
時間が出来た時は長文書きますぞ。
リンクはご自由にどうぞ。

文章・画像・動画の無断転載しないでね。

むちおバナー

最新記事

最新コメント

mutio

mutio.gif

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

出来事 (502)
むちおのこと (269)
コネタ (169)
思ひ出ぼろぼろ (11)
映画 (109)
友人 (102)
むちお検索 (7)
動くむちお (108)
むちおと私の長くて短い一週間 (27)
未分類 (203)
ぶっこの合宿 (8)
むちTシャツ (2)
こんなん買った (53)
むち絵ギャラリー (2)
むち絵ギャラリー2011 (2)
MNNニュース (10)
むちおの名前 (2)
ベルギー旅行 (7)
韓国旅行 (10)
秋模様 (12)
桜通信2010 (7)
桜通信2011 (4)
桜通信2012 (11)
桜通信2014 (6)
ヨーロッパ放浪記 (25)
みちのく紀行 (9)
2014-2015 ヨーロッパ (28)
宮城2015 (6)
本 (3)
一枚記事 (17)
むち婆 (13)
海外旅行の準備 (4)
2016 台北 (3)

むちカウンター 

チーム☆ドМ猫印

Mmuchiweb.jpg

スペシャルキャット認定証

みんな何読んでるの?

人気記事ランキング(2010.12月からの集計)

今日は何度かな?

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

むちメール

名前:
メール:
件名:
本文: