mutio 徒然

片足靴下猫のむちおとの生活。猫と映画と洋服が好き。 

ふしぎなえいが

以前は、日曜日を映画感想の日にしていたのでした。
毎週毎週、よく書いてたよね。。
半年以上映画ネタを更新していないので、
今、思いだせる分だけ書いておきます。

・『アメリカン・スナイパー』
イーストウッド映画はおさえとかないと。
バリバリの戦争映画でした。
さすがイーストウッドねってシーンがなかったです。
しいていうなら主人公の暗殺シーンを映さなかったところでしょうか。
戦場のシーンが多すぎて、お腹いっぱいになりました。苦手。

・『ジャージー・ボーイズ』
イーストウッド映画だもの、やっぱり観とかないと。
バリバリのミュージカル映画でした。
ドリームガールズの男性版ですね。
エンディングがインド映画っぽかったけど、なかなか楽しめました。
イーストウッド84歳かぁ、、。

・『きっと、星のせいじゃない。』
「500日のサマー」の脚本家が手がけるということで
こりゃいかん、観とかないと。
バリバリ純愛映画でした。
「500日…」は好きだけど、こちらはあんまりだったな。
なんせ主人公のヘイゼルが最後までかわいく見えませんでした。
30分ぐらいしたら感情移入してかわいく見えるかと思ったのですが
全然魅力的に見えないし、、。
彼役のガスはとてもキュートです。
ちょっと背伸びしてるところや、痛々しいぐらいポジティブなところや
泣きそうな笑顔がたまらんですたい。何弁?
「難病ものだけど、爽やか」がこの映画の売りらしいですが
うーん、どうにもいいとこ取りした感じが好きにはなれませんでした。
10代、難病、死、恋愛、変人 ほーらどうよ。泣けよ。
みえみえやないかと思いつつも泣いたけど。
おばちゃんは涙もろいんですたい。いったいどこ弁?

・『ゴーン・ガール』
ガールが行っちゃった映画ね、きっと誘拐ものか少女の死の映画だわと思っていたら
まさかの鬼嫁話でした。
自作自演もここまで極めればすごいわ。
急にスプラッタシーンが出てきてびっくり。
え!え!となかなか意表をつく展開であっと言う間に鑑賞終了。
ラストまで失速せず、面白かったです。
ベン・アフレックの落ちぶれ男ぶりも必見。

・『96時間レクイエム』
最強とーちゃんシリーズ最新作。
1作目でやめときゃよかったのにねぇ。残念。
主要人物殺すぐらいしかもうネタがなかったのかしら。
1,2作とあんなに必死こいて守った元妻が冒頭であっさり死んでびっくり。
1人減ったらもう1人増やす、次作では孫のために戦う展開が読めます。

スカヨハ3連作
・『LUCY』
意味わかんねぇ、、。
・『ドン・ジョン』
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは監督になってこういうの作りたかったのか。
がっかりだぜ!
・『アンダー・ザ・スキン』
もしや合成なんじゃないかと思うぐらいだらしない体型のスカヨハしか覚えていない。
そういう意味では体型にコンプレックスを持つ日本人女性に希望を与える作品。

・『私の男』
二階堂ふみ目当てです。二階堂ふみのみが見どころです。
少女から大人になるまでが全く違和感なし。
「みなさん、さようなら」の中学生濱田岳には負けますが。
流氷が流されてるのにもっと早く気づけよ藤竜也のシーンと、血の雨シーンが妙に笑えます。

・『TOKYO TRIBE』
園子温監督は最近量産しすぎ。
今年だけでもすでに6作品も公開予定です。
主演も有名どころばかりで発掘するのはやめたのかね。
これは音楽映画というより、ラップミュージカル映画でセリフはほぼラップ。
キレキレのアクション、グロエロ満載、ストーリーはほぼなし。
彼の通常運転映画ですね。
ラップに抵抗あると、かなり拒否反応が出る映画です。つまりワシや。

飛行機の中でやむなく観た映画
・『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』
キックアスのクロエちゃんがチェロ弾いてまんねん。
この子が優等生で家族思いのいい子ですねん。
んで、彼氏がロッカーなんですねん。物入れじゃない方の。
タイトルからこりゃダメだ感がハンパないのですが
最後まで観てもやっぱりダメでした。
途中、食事したりトイレ行ったりしても、すぐに話に追いつける単調さ。
タイトルから伝わるダメダメ臭の直感はハズレなしと確信しました。

・『イコライザー』
キックアスのクロエちゃんが、娼婦になりまんねん。
あんな清楚でチェロ弾いてたのに、親兄弟を失くして荒んでしまったのね、と
上の作品と連続で観たせいで気の毒に思ってしまいました。
娼婦クロエに釣られて観ると、思ったより登場シーンが少ないです。
序盤で入院しちゃうもんで、、。
昼間はホームセンターで働き、夜はカフェで読書する寡黙なデンゼルおじさんと出会い
おじさんはクロエちゃんを不憫に思って、実は昔はすご腕エージェントだったぶりを発揮し
1人でばっきばき敵をなぎ倒して、クロエ幸せになれよと別の街に送り出し
最後までクロエちゃんとどうにかなったりしない、ただただデンゼルの男前映画です。
クロエちゃんと恋愛に発展とか無茶展開になったらどうしよかと思ったわ。

・『ぼくたちの家族』
妻夫木君は、こういう優柔不断で頼りない役がほんとうまい。
男前なのびたなんだよなぁ。
お父さんがイライラするけど、弟役の子がすごくいいので星3つ(いつから星評価制?)

・『ふしぎな岬の物語』
※サユリストの方、ごめんなさいと先に小さく謝っておきます。

機内で日本語対応映画が、ルパン実写版とヘラクレスとナルトとこれならどれを選びます?
ヘラクレスにしときゃよかったか。

サユリストのサユリストによるサユリストのための映画です。
吉永小百合のアイドル映画なのだと思えば、合点がいきます。
「しあわせのパン」系が好きならばきっと大丈夫、マイフレンド。

見どころは、
・コーヒーを淹れるときにおいしくなーれの呪文をとなえる魔女サユリ
・虹を追いかけて魔女の家にたどりついてしまうドロシーな方向感覚のアラタ父娘
・盗みに入った泥棒に「泥棒さん、何もなくてごめんなさい」と謝る恐ろしき天然女サユリ
・魔女にいれてもらったコーヒーですぐ改心する泥棒
・どの映画でもサユリにつきまとう鶴瓶
・テルマエ阿部ちゃんまでサユリスト
・いくつになってもみんなのマドンナ、主要人物にモテまくるサユリ
・急にひとり芝居に入り、寒いよ寂しいよ孤独だよと呟くホラーサユリ

思いだせるだけでも見どころシーンがいっぱいです。
サユリストクサオは絶賛してました。そういう映画です。
きっとキューポラの頃からサユリのキャラは決まっていたのです。
観たことないけど、、。
不思議なのは岬でもなくサユリ。タイトル変えるべきだわ。

そして今日もパソコンの前で過ごしたんですね。。

IMG_5480_convert_20150315201713.jpg

え、、いつもそうやったやん。
成長がありませんね。

IMG_5483_convert_20150315201427.jpg

しかもさ、今日は隣の部屋で引越の気配がしててさ。
うっかり外に出る時に出くわしても面倒だし

IMG_5485_convert_20150315201353.jpg

もしかしてすごく常識のある人で、挨拶なんかしに来られたら大変だから
部屋でも気配消してたんだよ!けーたいもバイブにしてた!
・・・・・。

IMG_5487_convert_20150315201500.jpg

ずっと引きこもってなさい。

IMG_5490_convert_20150315201604.jpg

寒いよぅ、寂しいよぅ。

前の住民の方は、入居以来一度も顔を合わせることのないまま
いつのまにか引っ越していかれました。理想的だわ。

ああ、もう月曜日。
むちおバナー
にあさんたら、好きねぇ。どうもありがとう。
タマさん、はじめましてこんにちは。コメントありがとうございます。
「幕が上がる」評判いいようですね。
今年も、外の私達だから出来ることを続けていきましょう。
そうそうタマさんのおかげで「ふしぎな岬~」がアイドル映画枠だったのだと気づきました。


1年ほど前にも書きましたが、→
震災をきっかけに、人との付き合い方や見方が少し変わりました。
2年前、福島に行くと言った私に
「向こうの人はひがんでて被災地以外の人間にからんでくるらしいから、気をつけろ」
「なるべく小汚い格好をしていけ」と言った現地に行ったこともない友人。
飲食店で出された食材を「これはどこ産のもの?」とイチイチ確認し、
「あそこのスーパーは東北産の野菜は扱わないから意識高い」と言っていた友人。
当初はその発言になんとも複雑な感情を抱き、この人達とはもう付き合えないなと思っていました。
ですが今も友人関係は続けています。
私の悪いところは、「正論を言って相手を追い詰める」ところだと自覚しています。
実生活であまり正論を言うと、ただのめんどくさい人。

だから正しいと思うなら自分だけがその考えに従えばいいし、表だって言わない方がいい。
友人の1つの発言を切り取って、その人全部を拒絶するのもどうかな、と。
正直な人だなとも思うのです。考え方の違いはどんなことにでもあるしね。
どこまでが許容範囲かというのはありますが、、。

自分が正しいと思うことを堂々と言える場として、このブログもあるのだと思っています。
顔や名前が知られていないから、何言ってもいいというネットの使い方を見ると嘆息するばかりです。

きれいごとばかり言ったっていいじゃないか。人間だもの。むちを。
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2015/03/15(日) 20:41:02|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ようこそ、ノーメンさん。 | ホーム | そして4年。>>

コメント

TVでやってたんだけどサユリさんの
細雪はわかくてきれいどしたえ。

こんやの家政婦は見たの人と加藤さんの番組面白かった。
自分と他人についての意識
丁寧に言いたいことをずばっていってるんだと思うが最後に
あおほほほほ。て笑ってるけど
こわい
っていうところがとても好きだった。
なので今夜は、言いたいことは言っていくべきだの方に
大きく振れてます。にゃあ、むち。
  1. URL |
  2. 2015/03/16(月) 00:44:09 |
  3. かまど猫 #-
  4. [ 編集 ]

むちこさんがイーストウッド好きで大変うれしく思います。
いつの日か語り合いましょう(めんどくさ)。
あと何作撮ってくれるのでしょうねぇ。
私なら、実写版ルパンを選びます。
  1. URL |
  2. 2015/03/16(月) 06:18:17 |
  3. 無楽斎 #-
  4. [ 編集 ]

私だったらやっぱりルパン実写版かな~。
見てないけど私的には
五右衛門は綾野剛ではなく
松田龍平のほうがイメージ合う気がする・・・。

サユリストに怒られそうだけど
ピャピャがあの人は年齢の割に
違和感を感じるほど皺が全くないと言ってた・・・。
  1. URL |
  2. 2015/03/16(月) 17:02:06 |
  3. あんずミャミャ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2015/03/16(月) 17:12:47 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mutio.blog22.fc2.com/tb.php/1660-a11821a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

むちこ

Author:むちこ
むちおは永遠の14歳。メスっこ。
ちょっぴりぽっちゃり猫です。

2009.4.17開設
ただいまシンプルに更新中です。
時間が出来た時は長文書きますぞ。
リンクはご自由にどうぞ。

文章・画像・動画の無断転載しないでね。

むちおバナー

最新記事

最新コメント

mutio

mutio.gif

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

出来事 (490)
むちおのこと (269)
コネタ (169)
思ひ出ぼろぼろ (11)
映画 (109)
友人 (101)
むちお検索 (7)
動くむちお (106)
むちおと私の長くて短い一週間 (27)
未分類 (201)
ぶっこの合宿 (8)
むちTシャツ (2)
こんなん買った (52)
むち絵ギャラリー (2)
むち絵ギャラリー2011 (2)
MNNニュース (10)
むちおの名前 (2)
ベルギー旅行 (7)
韓国旅行 (10)
秋模様 (12)
桜通信2010 (7)
桜通信2011 (4)
桜通信2012 (11)
桜通信2014 (6)
ヨーロッパ放浪記 (25)
みちのく紀行 (9)
2014-2015 ヨーロッパ (28)
宮城2015 (6)
本 (3)
一枚記事 (17)
むち婆 (13)
海外旅行の準備 (4)
2016 台北 (3)

むちカウンター 

チーム☆ドМ猫印

Mmuchiweb.jpg

スペシャルキャット認定証

みんな何読んでるの?

人気記事ランキング(2010.12月からの集計)

今日は何度かな?

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

むちメール

名前:
メール:
件名:
本文: