mutio 徒然

片足靴下猫のむちおとの生活。猫と映画と洋服が好き。 

濃い水の縁

週末観たDVD

「ブロークバック・マウンテン」
 たくさん賞を取って『全世界が泣いた純愛映画』のふれこみにどうも抵抗があり、今まで観ずにいた。
 結果、直感は正しい。。同性との恋愛じゃなければ特にどうってことない話。
 『20年ずっと誰かを好きでいられますか』って、なんだそりゃ…
 お互いに不倫して、同性だからこそ堂々と会えて20年も関係続けてきたのが「純愛」?

「東京ソナタ」 
 会社をリストラされた父親が家族に打ち明けられず、家の中での父親の権威を
 保つために毎日出社するふりを続ける。
 「働いて一家の生活を支えている」ことが父親の誇りであったのにいとも簡単に壊れてしまう。
 そしていつからか家族間もギクシャクし始める。。

 家族の関係はとても難しい。私も20年弱、一緒に暮していたが未だに距離間がつかめない。
 離れて生活している今、やっと相手のことがわかりかけてきた気がする。
 血がつながっているってことは、特別なことではないと思う。
 人間が同じ屋根の下に暮らすには、血だけでうまくいくはずもなし。
 みんながみんな「血は水よりも濃い」ってわけではないだろうに。 
 
 小泉今日子と香川照之が抜群によかった。
 唐突すぎる終わり方だったけど(個人的には強盗のシーンは不要か?)
 最後は少し光が見え始めて、実際にも家族ってこんな風に徐々に解けていくもんなのかなって思った。

血のつながりはなくても、家族にはなれるのよね。
SBCA3602_convert_20091115202824.jpg
ずっと一緒に暮らそうね、むちお

にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/11/15(日) 20:36:58|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<50歩100歩 | ホーム | 週末は別の顔>>

コメント

むちこさんの感想、かなり参考になる~
なんかつっこむツボが似てる気がして。。
血のつながりと理解しあえるって別モノですもんね。
東京ソナタ、見てみたい!
私は週末、間宮兄弟をみて、ダルくて途中で寝てしまいました(笑)
小説の方が妄想できて面白かったかも。

むちおさん、これからもむちこさんをよろしく♪
  1. URL |
  2. 2009/11/15(日) 21:48:17 |
  3. タラ #-
  4. [ 編集 ]

「ブロークバック・マウンテン」はねえ、曲がいいのよ~。あれで泣けるのよ~。内容はあの時代のゲイの見られ方みたいのがもっとはっきりでてればねえ。その点は「モーリス」とかの方がわかりやすいです。国は違えど、苦難は同じ?ちょっと違うかもだけど、「さらば我が愛」は私のフェイバリットムービーにだいたいいつも入ってます。
家族と言えば、来週、うちの兄ちゃんが結婚します。ミロがねえ、兄ちゃんにシャーってやっちゃうからさあ、なんだか不憫で。むちおさんはむちこさんの彼氏に大丈夫なのかしら?彼氏は家にあげない主義かしら。ふふふ。写真のむちおさん、ご満悦なお顔ね。
  1. URL |
  2. 2009/11/15(日) 23:01:13 |
  3. asa #Bgt0Z.yc
  4. [ 編集 ]

ブロークバック・マウンテン・・
観たわよ~かなり前だけど(笑)
そもそも神に背く行為なのだから
それを純愛と呼ぶには無理があるかも

香川君はどの作品でも
良い演技をするよね
主役はもちろん脇役でも!
  1. URL |
  2. 2009/11/15(日) 23:09:39 |
  3. Slava #WD3rTtSc
  4. [ 編集 ]

一番難しくて、素敵なのは、一つの大きい障害をどうこうすることじゃなくて、
地味に自由に、毎日を乗り越えて、あれこれしながら二人なりのやり方を作ることですよね。
「難病」とか、「同性愛」、その他、大きな障害を持ち出して、それだけで引っ張るのは、
小説でもあるけど、「あ~わかったよ!」ってイライラするから苦手です。
でも、その映画見てないですけど^^;

家族も、難しいですよね…わたしも、いまだにうまくコントロールできないし、、、
いや、その映画も見てないんですけどね^^;

わたしも、血のつながりないけど、ちわりとずっと一緒にくらします^^
  1. URL |
  2. 2009/11/15(日) 23:59:58 |
  3. yuki #vh/yKwqE
  4. [ 編集 ]

快復したのね♪
底冷えするから、暖かくしてるのよ~
ま、むちおさんがお膝に居てたら大丈夫かな(笑)

東京ソナタ、なんだか今のご時世を象徴してるね。
「毎日が夏休み」って映画を思い出したわ。
これは娘が登校拒否、父親が出社拒否の内容だけど。

今は何でも自分で自由に選べる豊かな時代だけど
厳しい半面もあるからね。
家族間の話は、せつないわ…
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 00:49:30 |
  3. あん金ママ #-
  4. [ 編集 ]

yuirinも「東京ソナタ」見てみたい・・・
なんだか血が繋がっている方がかえって面倒でややこしい気がする。
さらりとできない分ね。
むちことむちおさんの写真、とってもいい感じ。。。。
むちおさん、安心している顔してる。
普段知らん顔しているようでも違うんだよね~。
おやすみ~


  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 01:08:20 |
  3. yuirin #6b6xNqCs
  4. [ 編集 ]

むちおさん、なんだいその甘えっぷりは

『全世界が~』の根拠って何でしょうね?
統計学的な証明お願いします。
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 02:13:01 |
  3. ナナアニ #wgd5InMU
  4. [ 編集 ]

純愛の基準が分からなくなる......
身体の関係がなかったら、また違って見えるんだろうな。
血の繋がりも、なんでしょうね?
それより信頼関係があるかないかの方が重要だわ。
むちおさん、甘えてるのに威圧的......
仲の良さそうなのを見せつけてるのかしら?
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 04:17:30 |
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

むちおさん
でっかいね。
はらのあたりにわたくっついてるよわた。
どっちも見てない。最近なんにもみてない!!!!
家族の映画で面白かったの、微笑みのポートレート
あれおかしかった。家族ってこんなだ、こんなだっておもった。
どだいヘンなもんなんだよ。
ちのつながり・・・
あんまりかんがえたくないなあ。
猫のお母さんが子育て上手で一番えらいと思います。
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 10:12:59 |
  3. かまど猫 #-
  4. [ 編集 ]

むちこの最後のコメントにホロリとなったわ~
何や~このっこのっ。
そうやな~
同じご飯食べて何十年も生活をともにしても
分からんこともあったわ。
色んなことがあって、この数年離れてやっと
両親を大切に思うよ。
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 14:58:41 |
  3. まき #-
  4. [ 編集 ]

下僕の母方の祖父母はホントの祖父母じゃなかったけど
下僕をすごく可愛がってくれたわウフフ
下僕母にとっても、ホントの母親は育ての母だと思う。
血よりも一緒に過ごした時間の方が濃いって思うわウフフ
下僕、下僕2よりも実弟の方が気を使って疲れるの。
今の家族がドン子を含めて下僕の家族だって思う。
きっと集合体の単位が違ってきたのねウフフ

なぜかしら…むちおさんがむちこちゃんの腕にそっと手を置いてる
姿にウルッっときちゃったわウフフ
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 15:38:18 |
  3. ドンタコス下僕 #-
  4. [ 編集 ]

親にも頼らず、子持だったけどその子も何もかも捨てて、「あんたと住むことに決めたっ!」と、うちに飛び込んできてそれ以来ガンとして居すわったうちの子。
ネコさんの血に頼らない潔さは美しいとさえ思いますね。
親、特に兄弟姉妹に至っては、血縁関係以外に何の共通点も、共感も持てない時もあり得ます。そういう時は血ほどうっとおしいモノは無いですね。
私も仕事する前から親の家とはバイバイして今に至るまで、自分で選んだ者と自分で選んだ土地で暮らしてます。でもそれだけに逆に身内との関係はずっと平穏でした。寄生や依存はすべての間違いの始まりですね。

東京ソナタ、観てみたい作品の一つ。
前者に関しては、タブー視されているものを真正面からビジュアル的に描き切ると、それが美化される傾向が見えるかもしれませんね。
でも要は、むちこりんが指摘した通り、話の内容。愛の内容ですよね。

むちおさん、むちこりんにびとっ、だね。
人の膝が嫌いな、ドS子のうちの子とは無理な愛の形だら。プリプリ
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 16:08:18 |
  3. Puriko #-
  4. [ 編集 ]

血のつながりより心のつながりのほうが深いと思うわよ。
最近の犯罪者の子を持つ親のインタビューで、
やたらと話す親を見てて、
いったいあなたたちは誰の話をしてるのだろうかと
だちゅはアッケにとられてしまいました。
だからといって、こころがつながっていないとはいいませんが
なんか変な感じがしましたわ。

そうよねきっとむちおちゃんとは血はつながってないと思いますが
サイコーの家族よね^^
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 17:44:59 |
  3. だっちゅ #-
  4. [ 編集 ]

ブロークバック・マウンテンはね、私の好きな映画の一つよ。
今は亡きヒースがあんなにも切なく美しい恋愛を見せてくれたんですもの。
ええ、確かにお互い女性という相手を選び、結婚もしたんだから、
何が純愛?って言ってしまえばそれまでだけど、
あの時代がそうさせてるのよ。
どうしても男同士の恋愛を人に言うことは出来ない時代だったのよ。
許されることのない時代だったんですもの。
ま、今の時代では理解できないものなのかも知れないけど~。
ジェイク・ギレンホールも眉毛は太いけど好きなのよ。
最後のむちおさんの『この女は私のもの』っていう顔がたまらないわ!
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 21:42:14 |
  3. sally #D93V0kSM
  4. [ 編集 ]

血より濃い水もある

タラさん
参考になるかしら~?
東京ソナタ見てね。最後はちょっと急展開になったけど
ゆっくりゆっくり壊れていく感じがすごく胸にきました。
そうそう、血だけで全てわかりあえるわけではないのよ
むちお、タラさんから伝言だよ

asaさん
そうね、曲はよかった。本編中はなんとも思わなかったけど
エンドロールで流れる曲がすごくよかった。
「さらば我が愛」もよかったねー 美しくて。
私も結構好きよ。3回ぐらいは見てるわ
むちおさんは、人見知りなんで来客があると2階へダッシュよ

Slavaさん
愛の形はさまざまだから、それを否定はしないけど
描き方がちょっと弱いのかねー
香川さん、「ゆれる」以来ずっと気になる俳優です。
どこにでもいそうなサラリーマンって役柄、この人ほどハマる役者ないだろなー

yukiさん
yukiさんはホントに聡明な方なのね
私のつたない感想文で、言いたいことをここまで理解できるなんてスゴイわ。
しかも映画観てないのに、、。
でも、そうなんです。平凡な毎日を続けることが一番難しい。
私は同性愛の映画として見なかったから、感動しなかったのかしら。。

あん金ママさん
今日は急に寒くなって、むちおはコタツからはなれません。
家族をテーマにした映画って、私も敬遠するなぁ
これは面白そうだったから借りたけど。
「普通の人々」は見てて苦しかったよ

yuirinさん
血がつながってると、むげに出来ないというか
切っても切れないってのはホントややこしい。。
普段ツンツンしてるのに、たまにこうやってがしって捕まってくると
ああああああ かわえええええ
っていつもの仕打ちにも耐えられるわ。
ってなんもしないけどね、むちお。そっけないだけ(笑)

ナナアニさん
おー 現代っこ理数系
何事も数字で見ないとね
たぶんアメリカ映画の言う全世界が泣いたってのは
アメリカの中で取った統計さー

mogu07さん
プラトニックな関係だったら「純愛」かというとそうでもないし
「不倫」だと「純愛」じゃないわけでもないし。
血縁よりも信頼関係が大事ってホントそうよね。
それがあれば他人の血は自分にとって水より濃くなるのよ

かまど猫さん
腹のあたりにくっついてるのは純毛よ
春になったらあれを刈って、フェルトにしちゃうんだから
ハハの立場だと、ちょっと違うのかもね、かまどさん。

まきち
近くにいすぎるとわからないこともあるのよ
近くて遠い国、韓国。みたいなもんで。。
同じもの食べて育っても食べ物の好みは違うもの
同じように感じることなんてないのよ

どんどん濃~い下僕
人と人とのつながりって血だけじゃないのよ
血よりも濃いものがきっと下僕たちの間にはあったのよね
血縁家族ってのは、私たちの親が作り上げたもの。
下僕の今いる戸籍家族は、下僕が作り上げたもの。
自分が居心地いい場所を見つけたなら、それが下僕の家族なのよ
見つかってよかったね。ドン子もずっと一緒だよ

Purikoさん
しがらみは嫌だと言いつつも、そのしがらみの中でしか生きていけないのかな。
一人がいいと言いつつも、ホントに一人になるのは心細い。
それでも血縁ってだけで寄生したり依存したりしてたなら、
今のような平穏は来なかったかも。
みんな自分の居心地いい場所を見つけて、過去の場所との区切りをつけるのかね
つけられないのは、まだ見つかってないからかな。

前者はね、同性愛の映画って思って観ると違ったのかもね。
東京ソナタを見るなら、「ぐるりのこと」を見て欲しいなぁ
あれ、今年観た中で一番よかったかも。もうみた?

だっちゅさん
なんだか他人ごとのようだったね
犯した罪はもちろん、生い立ちや環境のせいにはできないけど
なんだかかわいそうな人だったんだなって少し思ったわ。

むちおとは血のつながりはないし、心もつながってるかどうか
わからないけど。私の選んだ家族です。唯一無二の。

sallyさん
映画の時はsallyさんのコメントがないと落ち着かないわ(笑)
「純愛」の定義って難しいけど、あの二人の間にそんな深いものを
私は感じ取れなかったわ。
たぶん、普通の恋愛映画として見るからだと思うの。
男同志の恋愛がタブー視された時代背景とか、生きてくための手段の結婚とか
あの時代のものにもう少し造詣が深ければ、入りこめたかもしれないな。

むち男さん、私を離さないで!
  1. URL |
  2. 2009/11/16(月) 23:15:54 |
  3. むちこ #2QPJRcoE
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/11/17(火) 01:18:54 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mutio.blog22.fc2.com/tb.php/255-348bd52d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

むちこ

Author:むちこ
むちおは永遠の14歳。メスっこ。
ちょっぴりぽっちゃり猫です。

2009.4.17開設
ただいまシンプルに更新中です。
時間が出来た時は長文書きますぞ。
リンクはご自由にどうぞ。

文章・画像・動画の無断転載しないでね。

むちおバナー

最新記事

最新コメント

mutio

mutio.gif

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

出来事 (509)
むちおのこと (270)
コネタ (169)
思ひ出ぼろぼろ (11)
映画 (109)
友人 (103)
むちお検索 (7)
動くむちお (108)
むちおと私の長くて短い一週間 (27)
未分類 (203)
ぶっこの合宿 (8)
むちTシャツ (2)
こんなん買った (55)
むち絵ギャラリー (2)
むち絵ギャラリー2011 (2)
MNNニュース (10)
むちおの名前 (2)
ベルギー旅行 (7)
韓国旅行 (10)
秋模様 (12)
桜通信2010 (7)
桜通信2011 (4)
桜通信2012 (11)
桜通信2014 (6)
ヨーロッパ放浪記 (25)
みちのく紀行 (9)
2014-2015 ヨーロッパ (28)
宮城2015 (6)
本 (3)
一枚記事 (17)
むち婆 (13)
海外旅行の準備 (4)
2016 台北 (3)

むちカウンター 

チーム☆ドМ猫印

Mmuchiweb.jpg

スペシャルキャット認定証

みんな何読んでるの?

人気記事ランキング(2010.12月からの集計)

今日は何度かな?

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

むちメール

名前:
メール:
件名:
本文: